So-net無料ブログ作成

運慶仏像、日本美術品史上最高額落札 [国際]

 鎌倉時代の仏師、運慶の作品とみられる「木造大日如来坐像」
が18日午前、ニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、
日本の三越百貨店が1280万ドル(約12億5000万円で落札
した。

クリスティーズによると、海外で落札された日本の美術品としては
過去最高の金額という。国宝級の可能性もある美術品の海外流出
が懸念され、日本国内では署名運動もおきていたが、三越の落札
で海外流出の危機はひとまず免れた。

 文化庁によると、運慶の作品(運慶作との推定を含む)の多くは
国宝か重要文化財に指定されている。文化財保護法では指定され
た文化財の輸出を禁止しているが、この仏像は関東地方に住む
収集家が所有。2004年に所有者から問い合わせを受けた東京
国立博物館が鑑定し、(仏像は)作風などから運慶の可能性が高い
と認定していたが、指定を受けるまでには至っていなかったという。

 落札された仏像はヒノキ製で高さ66・1センチ。

表面は金で彩色されており、鎌倉時代初期の1190年代ごろの
作品とみられている。

 クリスティーズでは推定落札額を150万ドル(約1億5000万円)
から200万ドル(約2億円)と予測していたが、世界中から応札が
相次ぎ、予測額の6倍に達したという。
 (MSN産経ニュース抜粋)

2/20日、オークションに先立ち、東京銀座のクリスティーズジャパン
で仏像が公開された。落札見込み価格は150万~200万ドル
(約1億6000万~2億1000万円)と推定された。

 「作風などから運慶の可能性が高いと認定していたが、指定を受け
るまでには至っていなかったという」が、この辺の情報が非常に曖昧
である。

 毎日新聞の報道は、「文化庁によると、運慶の作品、または
運慶作と推定される作品はこれまでに13件が確認されており、
うち12件が国宝または重文指定を受けている。

指定を受けると国外に持ち出す際に国への届け出が必要になるが、
今回の仏像は所有者の同意が得られなかったため指定に至ってい
ない」

 所有者の意図、作品鑑定の確度(運慶作の可能性が高いという
認定)等に情報の不確実性がつきまとうが、先ずは、三越がこの
作品の海外流失の危機を救った意気込みに拍手である。

 
MSN 産経ニュース

運慶仏像は三越が12億5千万円で落札 日本美術品史上最高額


参考書籍


運慶と快慶―相剋の果てに
運慶と快慶―相剋の果てに西木 暉

鳥影社 2008-01
売り上げランキング : 338949


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



運慶 仏像彫刻の革命 (とんぼの本―やさしい仏像の見方シリーズ)
運慶 仏像彫刻の革命 (とんぼの本―やさしい仏像の見方シリーズ)西村 公朝 熊田 由美子

新潮社 1997-01
売り上げランキング : 294151


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ


ボディ・アンド・ソウル(紙ジャケット仕様)
ボディ・アンド・ソウル(紙ジャケット仕様)テテ・モントリュー

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-12-20
売り上げランキング : 553945


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。