So-net無料ブログ作成
検索選択
サイエンスフィクション ブログトップ

メビウスの輪、再び [サイエンスフィクション]

 20xx年、ボストンの地下鉄は高度に発達し、四つの異なった高さのところで、七つの本線を結びつけ、150万人の乗客を運んでいた。

 ある日のラッシュ時、満員の乗客を乗せた一本の電車が忽然と姿を消した。

 最初、この電車が消えたことに誰も気づかなかった。

 この電車は、路線系統上のどこにも姿はなかったが、遠くに高速で走る電車の低い金属的な轟音が聞こえた。


 「メビウスという名の地下鉄」 A・J・ドイッチュのサイエンスフィクションである。

「細長い帯を半回転ねじって張り合わせると、裏も表もない輪ができる。

 そのメビウスの輪のような不思議な性質が、大都市の地下鉄網にまぎれこみ、一台の電車が忽然と姿を消した......」

 
 「アンドロメダ病原体」や「メビウスという名の地下鉄」などSF小説華やかなりしころの名作である。

 高度な科学技術の発展に伴う社会や国家の危機管理に対する警鐘でもあった。





第四次元の小説―幻想数学短編集 (地球人ライブラリー)
第四次元の小説―幻想数学短編集 (地球人ライブラリー)三浦 朱門

小学館 1994-08
売り上げランキング : 256984

おすすめ平均 star
starこんな数学小説を探していた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






マイ・フェイバリット・シングス(紙ジャケット仕様)
マイ・フェイバリット・シングス(紙ジャケット仕様)ドン・フリードマン ジョージ・ムラーツ ルイス・ナッシュ

ヴィレッジ・レコード 2004-01-21
売り上げランキング : 60930

おすすめ平均 star
starエヴァンスと完全決別したフリードマン

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







サイエンスフィクション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。