So-net無料ブログ作成
検索選択

渚の記憶 [命]

 人の遠い記憶の中には、生命が海の中で誕生した30億年の渚での生活の記憶が残っているという。

 太古の海の記憶は、月のリズムを刻む。我々は母の胎内で、十月十日羊水の中で暮らす。その生命の誕生は、満潮の時であるという。

 道元「禅」の公案に、「自分とはいったい何者なのか」がある。

 『洞山和尚が、雲居和尚に「君の名前は、何だ」と問うと、

 「ハイ、雲居です」

 洞山はまた質問した。

 「それは生まれたあとで付けられた名前だろう。私が聞いているのは、お前がまだ母の胎内で生きていたときの名前だ」

 雲居が答えた。 

 「その時、私には名前はなかった」

 洞山は言った。

 「その名前のない母の胎内の自分と同じ生命で、今日もこうして生きておられるのだぞ。名前の付いた自分も大事だ。が、名前のつかない自分は、もっと大事だ」』 『』内「道元「禅」の言葉」より引用。


 ここには、まさに命の原点があり、宇宙の根本原理、老子の言う「道」(タオ)の思想に通じるのではなかろうか。


参考図書

道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる (知的生きかた文庫)
道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる (知的生きかた文庫)
三笠書房 2008-11-20
売り上げランキング : 9124

おすすめ平均 star
star「だから飯を御飯、味噌汁を御味噌汁という」本文P61から

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『正法眼蔵』で生きる智慧―道元禅入門・珠玉の言葉56
『正法眼蔵』で生きる智慧―道元禅入門・珠玉の言葉56
サンガ 2008-11
売り上げランキング : 583887


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








遥かなる海の記憶/壮大なる時間の美しい夢。 [命]

三億七千万年前、ひとの祖先の生命は海の中から誕生した。
海は潮の満ち干という月のリズムと密着している。ひとの誕生は満ち潮、ひとの死は引き潮時
である。
ひとの精子が、母の胎内に着床するチャンスは三億分の一という。生命は誕生するまでに、
三億の競争を戦いぬいて生まれてくる。胎内の羊水は太古の海の様相と同じで、遥かなる
生命誕生時の海の記憶がひとの遺伝子に刻み込まれて来たという。
まだ目も見えぬであろう赤ん坊が、にっこりと笑う時がある。母の胎内で見残した遥か遠い
記憶の夢を見ているのだ、と童話作家、夢野久作は、ロマンチックな洞察をする。

命はそれぞれ任務を背負って誕生してくる。母から誕生するまでに、又誕生してからも、多くの
他者に助けられて生きてゆく。始めに他者がいて、自分が存在するのだ。自分がいて、他者が
いるのではない。ここは間違えないで欲しい。ここに他者への貢献や連帯が生まれるのである。
家族、社会、国家、世界への貢献はここから始まる筈である。

胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))
胎児の世界―人類の生命記憶 (中公新書 (691))三木 成夫

おすすめ平均
stars起源に想いを馳せてみる?
starsこれが「生命誌」という分野の”はしり”だったのかも知れない
stars生命の神秘に関する壮大な物語
starsなんというか・・・
stars畏敬!尊敬!素晴らしい!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。