So-net無料ブログ作成
検索選択

シーレーン防衛、そして戦略的思考 [国際]

 他策なかりし
 
出版されて30年もたつと、たいていの本は絶版になるはずだから、快挙といえる。きのう訃報が届いた岡崎久彦さんが、昭和58年に出した『戦略的思考とは何か』(中公新書)は、今も書店に並んでいる。外務省から防衛庁に出向中だった岡崎さんが、1年間、米国に留学して書き上げたものだ。  ▼「戦略的思考」とは、「日本が自分の意思にかかわらず戦争に直面せざるをえない場合のことを考えておく」ことをいう。


岡崎さんが、集団的自衛権の必要性を痛感したのも防衛庁時代だった。米海軍司令官と話していて、ペルシャ湾から東アジアに至るシーレーンを守る、米第7艦隊の過酷な任務を知った。通る船のほとんどが日本に石油を運ぶタンカーだというのに、海上自衛隊がパトロールに参加できない理不尽を指摘された。


 引用記事全文
 http://www.sankei.com/politics/news/141029/plt1410290007-n1.html


 
 世界はテロ、紛争、貧困に明け暮れ、舞台裏では、死の商人と言われる武器商人が暗躍する。 平和ボケの日本は、テロとの戦いから遠ざかり、原油やウラン等の輸送タンカー等のシーレーン防衛を他国に任せ、相変わらず能天気な一国平和主義にしがみつこうとしている。

 石油、LNG, 核燃料等、日本へ輸送する、シーレーンの安全保障および交易国との経済交流は相互の経済発展にとって、最重要国益となる。
 
 ホルムズ海峡での機雷除去は、危険と紛争との隣り合わせである。 まさに戦略的思考が要求される。

 今、国際情勢の激変により、憲法解釈変更、集団的自衛権論議が熱い。当然、シーレーン防衛も改めて論議される。


 Wikipediaよりシーレーンを抜粋すると、

 「オイルショックなどの影響から産油国との外交関係、そしてシーレーンの安定化が不可欠と感じた日本は1982年(昭和57年)頃から外洋に伸びるシーレーン1000海里防衛構想を策定するなど、日本のシーレーン防衛のあり方が課題とされるようになった。

 日本の輸入依存度を見てみれば輸入量は石油2億トンをはじめ、7億5000万トンにも達しており、特にエネルギーは2001年(平成13年)時点の資源エネルギー庁調査において国内の輸入依存度の高さは石油が99.8%、石炭98.4%、天然ガス(LNG)96.6%、原子力(ウラン)に至っては100%を依存している。

 輸出はハイテク工業品だけで2000万トン、第1次産品を含めれば7000万トンにも及ぶ。こうしたことからも、日本も海洋国家のひとつとして、自国のシーレーン防衛の重要性が認識されてきた。

 日本人の食卓に並ぶ豆腐も蕎麦も「シーレーンの賜物」といわれ、いかに日本が輸入依存度が高いかを象徴している。海上自衛隊の戦術思想の原点はシーレーン防衛であり、対潜水艦戦、対機雷戦に重点をおいた訓練を行っている。」 (以上、Wikipediaより抜粋)

 
 
 朝日新聞をはじめ、マスコミや自称知識人達が、憲法解釈や集団的自衛権反対を唱え、戦争への道、国民が血を流す道へとつながるとして、国民の半数以上が反対であると報道している。

  
 石油、天然ガス、核燃料を積んだタンカーの安全は日本自体で守らねばならないのだろう。机上の正論を言う輩たちは、どうやって自国の安全をまもるのだろうか。黙っていても、世界のお人よし達が、能天気の日本を助けてくれるとでも思っているのだろうか。

 曽野綾子氏は、「ペルシャ湾海域を日本の10万トンタンカーでカタールまで行った。湾岸の周辺に住む人達は、国際法的な理屈を通してものを考えない」と言う。

 「私たちの考える正規の国家ではなく、部族社会が絶えず抗争を繰り返している土地だjから、自分に不利なことは排除してかまわないという不動の価値観を持っている。

 国家などという概念では割り切れない勢力がはびこる。誰でも自分の行動の邪魔になるものは、自力で排除して当然なのだ。

 それが国際法上の正当な戦闘行為かどうかなど問題にしないのは、抗争はスポーツと違って、もともとルールが無いからだ。

 当時からこうした船の安全を講じてやる配慮は日本政府にはなかった。危険な仕事は人にやらせ、自分は正義と正論を唱える。

 戦争で人を死なせるのは悪で、日本経済の死活問題であるエネルギーの補給に携わる人の危険は放置していいという論理は成り立つのか、私はずっと教えてほしいと思い続けている。」 

 以上、7/09付、曽野綾子氏の記事、「 機雷掃海批判に想う」の中で、「海上交通の安全は日本の死活問題」から抜粋。

 日本のマスコミや、知識人たちが先導する彼らのやわな正論が、いかに身勝手な空論であるかということに気付く。 痛みを伴う犠牲も責任も引き受けぬ無責任なご都合論だからだ。

 現場の実態を知ることなく、片手落ちの都合のよい理屈を並べて世論を誘導する卑怯な輩たち、世界の紛争、テロ、貧困等の解決を目指す現実の手立てを示さねばならない。戦争反対を叫ぶばかりでは何も解決しない。

 烏合の衆より性質が悪い彼らは、一度でも、世界にわたる紛争、テロ、貧困の現場に身を置き、身体で考えた具体的解決策に言及したことがあるのだろうか。


 一方、安倍政権が唱える積極的平和主義や集団的自衛権に危惧を抱き、戦争へ巻き込まれぬよう、古賀 茂明氏の提言もある。

 「国家の暴走」は、軍事立国化への懸念として一見の価値ありであろうか。

 テロの拡散、イスラム国の台頭などで、日本の安全保障は危機に立たされている。曽野綾子氏が言う「国家などという概念では割り切れない勢力」に、日本の正義、正論は通用しない。

 日本が進むべき道は、間違っても戦争に加担することではない。しかし、日本が国際舞台で存続するためには、「危険なことは避けて通り」、全くの無傷ではいられないのかもしれない。

 自国の安全を守るためには、時として痛みを伴う犠牲も責任も引き受けるという覚悟が問われている。


参考図書

戦略的思考とは何か (中公新書 (700))
戦略的思考とは何か (中公新書 (700))岡崎 久彦

中央公論新社 1983-01
売り上げランキング : 244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)
国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)古賀 茂明

KADOKAWA / 角川書店 2014-09-10
売り上げランキング : 1014


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



透明な歳月の光 (講談社文庫)
透明な歳月の光 (講談社文庫)曽野 綾子

講談社 2008-01-16
売り上げランキング : 424502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



海の生命線(シーレーン)―日本に原油・天然ガスが届かなくなる日 オイルシーレーン防衛ハンドブック
海の生命線(シーレーン)―日本に原油・天然ガスが届かなくなる日 オイルシーレーン防衛ハンドブック
明成社 2008-04
売り上げランキング : 174096

おすすめ平均 star
starシーレーン防衛できない日本は他国の奴隷と化す

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ソマリアの海で日本は沈没する
ソマリアの海で日本は沈没する
ベストセラーズ 2009-03-26
売り上げランキング : 151025

おすすめ平均 star
star海賊の保険は必要だ
star危機に関して「本当」の姿を赤裸々に綴った迫真の書
starプロの世界の存在を知った

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ


ビル・エヴァンス生誕70年 没後20年特別企画 「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」
ビル・エヴァンス生誕70年 没後20年特別企画 「メモリーズ・オブ・ビル・エヴァンス」益田幹夫 オムニバス

ビクターエンタテインメント 1999-12-16
売り上げランキング : 23383

おすすめ平均 star
star意外な掘り出し物・・・・・・・・・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



nice!(226)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

息をするように嘘をつく! [社会]

 台湾製ASUS、パソコン基板(マザーボード)に、東日本大震災の復興に向けた、「日本に神のご加護を」(GOD BLESS JAPAN)が刻印されたものがあった。

 東日本大震災直後から,ASUSの技術者達は、開発中のマザーボードに、「GOD BLESS JAPAN」の文字を印字しようと即断したと聞く。

 台湾の技術者達が、会社に相談することもなく、ひそかに、マザーボード上に、"GOD BLESS JAPAN"を刻印したのだ。 彼らの熱き想いが伝わってくる。

 GOD BLESS JAPANの画像検索

 https://www.google.co.jp/search?q=god+bless+japan&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP543JP543&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=uzBSVLKHIcLg8AW1qIKIDg&ved=0CCIQsAQ&biw=1152&bih=653

 戦前、日本の植民地政策下にあった、台湾では、他者や他国をいつくしむが、韓国では、国を挙げて、日本を貶めるための反日に明け暮れる。



 言論弾圧の衝撃

 自滅する国家、韓国の言論弾圧が透視するもの

 
10月8日に韓国検察が産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を起訴した。朴槿恵大統領の名誉棄損だという。今回、明らかになったのは韓国が言論弾圧国家であり、それも侮日という日本差別と病的な反日原理主義に基づいた全体主義の国であるという、当たり前の事実なのである。

引用記事全文
http://ironna.jp/theme/36


 経済評論家・三橋貴明氏「先進国になり損ねた国は放置」「出国停止は拉致と同等」
引用記事全文
http://www.sankei.com/affairs/news/141022/afr1410220003-n1.html


 米民間団体「ジャーナリスト保護委員会」幹部・ボブ・ディエツ氏 表現を自己規制してしまう懸念
引用記事全文
http://www.sankei.com/world/news/141023/wor1410230006-n1.html


 慰安婦批判に潜む韓国の「意図」 ヴァンダービルト大学名誉教授 ジェームス・E・アワー
引用記事全文
http://www.sankei.com/politics/news/141022/plt1410220005-n1.html


 国連慰安婦報告 反論書を公開し誤解正せ
引用記事全文
http://www.sankei.com/column/news/141021/clm1410210002-n2.html


 ミャンマー銀行免許「日本完勝・韓国全敗」の凄まじき明暗の理由
引用記事全文
http://www.sankei.com/premium/news/141022/prm1410220002-n1.html


 
 嘘にまみれ寒々とした果てしない不毛の風景が続く。 NHK始め民放の番組には韓国ドラマが氾濫する。特に歴史物は、その時代背景は、虚偽と捏造が多いという。

 テレビやスマホ向けに放映される韓国ドラマは30本を超える。 視る者がいるから放映するのだろうが、何と能天気な日本人が多いことだろうか。

 ヴァンダービルト大学名誉教授 ジェームス・E・アワー氏によれば、「韓国は、日本の成功への嫉妬と、日本が順法国家であろうとする努力に対し、故意に知らないふりをしているか、本当に無知だという事情もあるのだろう」(慰安婦批判に潜む韓国の「意図」)と言う。


 薩摩に、400年続く卿中教育がある。

 「負けるな

 嘘をつくな

 弱いものをいじめるな」

である。 卑怯を嫌う、日本人のバックボーンに脈々と流れる精神文化である。


 「息をするように嘘をつく韓国」から逆に浮かび上がってきたのが、日本の良さだと言う。

 日本武道には、たしなみや礼儀の精神があります。闇打ちなど卑怯を最も嫌います。真っ当な勝負をして、勝てなければ、いさぎよく、負けを認めます。

 日本の教育水準はかなり高く、カタカナを発明し、自国語で数学、物理、電子、宇宙工学等々を研究できる国はアジア圏では日本だけだという。専門用語の原語は、漢字ではなく、カタカナでないと表現しにくいものがある。

 漢字は、奥深く偉大な文字であるが、英語などを訳す時は困る。例えば、タクシーは「的士」である。



 韓国のベトナム大虐殺を告発する 歴史を悪用する報い

 慰安婦問題で日本を執拗(しつよう)に攻撃する韓国だが、彼らの歴史は他国を一方的に断罪できるほど道徳的な高みに立つものなのか。ベトナム戦争に出兵した韓国軍による住民虐殺について現地で調査した北岡俊明・北岡正敏両氏のリポートを読めば、その答えは明らかだ。北岡氏らが現地で目にしたのは、虐殺された住民ら一人一人の名前を記した慰霊碑や、虐殺の模様を描いた壁画など無数のモニュメントだった。1桁の年齢が並ぶ犠牲者の慰霊碑には言葉を失う。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140603/kor14060310250004-n1.htm


 韓国人、台湾人と接するとき、彼らの底辺に流れる日本に対する態度は、台湾の親日度と、韓国の反日度とは天地ほどの違いがある。この溝は恐らく1000年たっても埋まらないかもしれない。

 以前、フェイスブックに載った1枚の写真があった。写真は台湾Asus社製のパソコン基板。小さな字で「God Bless Japan」と祈りの言葉が印刷してあったのだ。

 マザーボードと言うパソコン内に組み込まれ、外観からは見えない基盤上に刻印された文字に、台湾人の日本への熱い親日感が伝わってくる。

 韓国人の日本への底知れぬ、ねたみと劣等感のような感情とは比べるべくもない。竹島を不法占拠、自国だけでなく米国にまで慰安婦像を建て、日本を貶める反日政策の怨念は凄まじい。

 チャンネル桜 キャスター 大高 未貴 日韓“円満"断交はいかが? ~女性キャスターが見た慰安婦問題の真実~ (ワニブックスPLUS新書) にその深層がある。


  花が輝きと香りを失えば、ミツバチなど昆虫たちは集まらず、生き残ることはできない。中韓が世界にまき散らす反日に、明日の進歩と繁栄を切り開く花の輝きと香りがあるとは思えない。


 youtube  青山 繁晴  竹島、慰安婦問題の深層、ラップ書簡を明かす 。 ”韓国は戦勝国ではない”

 






チャンネル桜 キャスター 大高 未貴 日韓“円満"断交はいかが? ~女性キャスターが見た慰安婦問題の真実~ (ワニブックスPLUS新書)、現地調査レポートにその深層がある。

Youtube 大高 末貴 渾身のレポート









参考図書

息をするように嘘をつく韓国
息をするように嘘をつく韓国ご隠居

宝島社 2014-10-14
売り上げランキング : 298


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)
歴史戦 朝日新聞が世界にまいた「慰安婦」の嘘を討つ (産経セレクト)産経新聞社 阿比留瑠比

産経新聞出版 2014-10-17
売り上げランキング : 46


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



中国・韓国を本気で見捨て始めた世界 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (徳間文庫)
中国・韓国を本気で見捨て始めた世界 各国で急拡大する嫌中・嫌韓の実態 (徳間文庫)宮崎正弘

徳間書店 2014-09-30
売り上げランキング : 166


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 卑怯を嫌う、400年続く薩摩卿中教育があった.....

薩摩の秘剣―野太刀自顕流 (新潮新書)
薩摩の秘剣―野太刀自顕流 (新潮新書)島津 義秀

新潮社 2005-02
売り上げランキング : 495376


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「さらば韓国。千年後に逢いましょう! 」、韓国の大ウソ、歴史の捏造、歪曲を鋭く突く 渾身の現地調査レポート

日韓“円満"断交はいかが? ~女性キャスターが見た慰安婦問題の真実~ (ワニブックスPLUS新書)
日韓“円満大高 未貴

ワニブックス 2014-04-09
売り上げランキング : 1003


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO 198)
こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO 198)松木國俊

ワック 2014-06-13
売り上げランキング : 31920


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

ザ・シーン・チェンジズ
ザ・シーン・チェンジズバド・パウエル

ユニバーサルミュージック 2013-10-22
売り上げランキング : 189872


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 参考ホームページ  嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク
 
 http://happyarrows.seesaa.net/







nice!(221)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

敗者の理、虹、つどうべし [政治、経済]

 「敗者の理に光を」玉岡かおるさん  小説「虹、つどうべし 別所一族ご無念御留」
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/140428/lif1404280029-n1.html


 産経新聞 10月16日付け、『新聞の役割 「知」の部屋につながる鍵穴』と題し、玉岡かおるさんの記事が載った。

 『子供のころの「新聞」のイメージとして、何紙もの新聞を読む父から、「偏らない読み方が大事」と教えられた。

 新聞は知の鍵穴で、たとえ斜め読みでも、他紙と比べたり、週刊誌を読んだりすれば知識が広がる。小さい鍵穴でも、一歩踏み込めるかが、その人の宝になるかどうかの分岐点になる』、と言う。

 まさにその通りで、朝日、毎日、読売、産経等々は、それぞれ記事の論点が相違する。読み比べ、記事の本質を見抜くのは容易なことではない。

 記事を書く側の意図として、巧妙な世論操作がある。世論を有る方向へ導く巧妙なテクニックである。

 創られた世論の多数派には、烏合の衆の数が入る。ここに入らず、自らの見解、見識を持つことは、相当な覚悟が必要だ。

 「烏合の衆」は無能だが、馬鹿が集まると馬鹿力が出る、と言うように、多数の烏合の衆は、時には大きな力になることがある。

 かっての民主党、鳩山、菅直人等々の詐欺政権であろうか。常に透明な眼を持って、ことの本質を見抜きたいものである。


 「敗者の理に光を」と、玉岡かおるさん  小説「虹、つどうべし 別所一族ご無念御留」

 「敗者の側にも命に代えても譲れないものがあり、守りたい人がいる」と言う。

 世の多くは、見掛け上の利害、損得で動く。勝者は常に大衆を動かす。 「一寸の虫にも五分の魂」、敗者、弱きものにも理があることを知るべきであろう。

 真の勝者は、他者をいつくしむ溢れる想いを持つものではなかったか。


 スキャンダル追及の民主党はまたも墓穴…。ミイラ取りがミイラに…
 
次世代の党の山田宏幹事長は「我が党は政権与党のスキャンダルを探し出して足を引っ張るよりも、危機にある日本を救うことのみに全力投球する」と述べ、民主、維新の国会対応に疑問を呈した。さらに「党利党略の足の引っ張り合い、スキャンダル攻撃みたいなことをやる余裕は日本国にも、国民にもないはずだ」と訴えた。野党共闘は道遠しだ。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/premium/news/141018/prm1410180012-n1.html

 民主党は、本来の政策論議をさておき、声高らかに、嬉々として、お家芸のスキャンダル追及を始めた。 次世代の党が言う 「危機にある日本を救うことのみに全力投球する」という国会の使命を忘れ去った」お粗末さだ。かっての詐欺政権の様相は相変わらずである。

 しかし、小渕大臣は野党から追及されて当然である。自身の資金の収支バランスも管理できないようでは、政治家どころか社会人としても失格ではなかろうか。

 安倍政権も情けない。タガが緩み、足が地につかず、本末転倒で、足元をすくわれた。山積する危機には十二分に対応出来る体制を、早急に整備してほしい。




 11月号 誤報生んだ朝日の報道姿勢 論説委員・井伊重之 
 
昨年死去した吉田元所長に生前、インタビューして著書をまとめたジャーナリスト、門田隆将は多くの論壇誌で朝日問題を論じているが、「『吉田調書』報道 謝罪にもなお問い質したきこと」(正論)では「朝日の編集方針には、ファクトが先にあるのではなく、自分が言いたい『主張』や『イデオロギー』が先にあると私は思っている」と断じている。これは、強制連行したとする証言に関する記事を取り消した従軍慰安婦報道にも当てはまるという。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/entertainments/news/141019/ent1410190016-n1.html


 「政治的公平」とかけ離れた偏向テレビが国民を惑わす
 
テレビ朝日の「報道ステーション」と、TBSの「NEWS23」、「サンデーモーニング」の内容は「政治的に公平か?」と疑問に感じる。視聴者に強い影響を与え、国民を惑わす偏向テレビ番組について考える。

 引用記事全文
 http://ironna.jp/article/361


 朝日よりたちが悪いサンデーモーニング
 引用記事全文
 http://ironna.jp/theme/30

 キャスターの仕事は「広義の強制」ですか
 引用記事全文
 http://ironna.jp/theme/38


 民主主義に内在する「悪」、新聞の役割とは… 哲学者・適菜収
 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/140913/lif1409130022-n1.html


 自己の軸足と立ち位置によっても、正義、正論は変貌する。 正義は多様な顔を持つ。 少数意見だからと言って、正義、真実が無いとは言えない。

 かっての、ニュースステーション、久米弘、NEWS23、筑紫哲也氏は、それなりの哲学を持っていた。 

 今、TV局やスポンサーの意向に振り回される、信念なき古館、関口キャスターは、顔つきまで偏向してしまっているように見える。

 巧妙に埋め込まれたマスコミや政府、与野党の偏向誘導に騙されぬよう、幅広い見識を身につけたいものである。 報道されない論点にも、眼を光らせたいものである。


参考図書

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留
虹、つどうべし 別所一族ご無念御留玉岡 かおる

幻冬舎 2013-11-27
売り上げランキング : 406151


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ 

マイ・コンセプション
マイ・コンセプションソニー・クラーク

ユニバーサル ミュージック 2014-06-24
売り上げランキング : 16852


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


nice!(218)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感