So-net無料ブログ作成

国を守る、「本来の責務」 [政治、経済]

 産経新聞に定期的に掲載される、曽野綾子氏の「小さな親切、大きなお世話」がある。

 7/27付記事は、自衛隊の「本来の責務」で、集団的自衛権に関する曽野綾子氏の見解である。

 曽野綾子氏は、世界の僻地、紛争地など危険な世界にも出かけて行き、現場の体験を記事にすることが多い。

 平和ボケの日本に比し、世界の現実がそうでないことを知ってきたという。

 『まだ20代のころ、アメリカから中米のコスタリカまで車で走った時、アメリカ人が、「何か武器を持っているか」と尋ね、「私たちが無防備だと言うとあきれたように首を振った。自衛するのが人間の義務で常識らしかった」

 1983年、サハラ砂漠を縦断した時にも、途中で何度か、「武装しているか」と尋ねられたが、私たちは武器なしで無事に数千キロを乗り切った。

 自衛隊員の宣誓文には、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務めることを誓う」と書いてある。

 世間には「実戦になったら、自衛隊は皆逃げますよ」と言う人がいる。しかし矛盾するようだが、人は時に命に代えても守り抜くと思うことがある。動物とは違う人間の魂の証しだ。

 19世紀後半のフランスでは、アフリカ人の魂の自由のためにアフリカ宣教に赴いた若い神父たちが、次々と土地の部族に殺された。

 出発前、彼らは特別に書き込まれた3語を含む宣誓書に署名していた。

 それは「殉教を覚悟して」という言葉だった。そしてその時代ほど志願者が多かった時はなかったという』
 (以上、「自衛隊の「本来の責務」より引用)


 集団的自衛権が、朝日新聞は、戦争への道だと言い、曽野綾子氏は「自衛隊員の中から戦死者や、人を撃ち殺さねばならなくなる人とが出る、と言う論があちこちで出た」、と書く。

 しかし、世に言う有識者、専門家ほど現場を知らず、机上の虚論を繰り返し、身勝手な保身論、反対論に明け暮れ、何の解決策も示せない輩が多い。事が起きれば、彼らこそ真っ先に逃げ出す輩たちなのだ。

 この国を守るのは誰なのか、命の犠牲という代償も、覚悟もなしに反対を唱えるばかりでは、日本の明日を守るのは容易ではない。


前記事があります。よろしければどうぞ。

四枚の羽根/スーダン100年戦争、真の勇者は!


参考図書

日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558)
日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558)石破 茂

新潮社 2014-02-15
売り上げランキング : 7347


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

Free for All
Free for AllArt Blakey & Jazz Messengers

Blue Note Records 2004-08-09
売り上げランキング : 70757


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










nice!(197)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

企業理念、使命に思う! [ビジネス]




 中国食品リスク 国際常識を守れないなら
 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140724/chn14072403080006-n1.htm

 社会に深刻な害を及ぼす企業が公然と存続する、恐るべき国、中国。人間が営む企業とは思えぬ企業体質。さらにエネルギー、領土、領海、領空で自国の一方的主張をごり押しする偽装国家なのか。


 一方、日本では、パナソニック株式会社等の社是は、「産業報国の精神」で、毎朝、朝礼で復唱すると聞く。企業は社会からの借り物で、利益は社会へ還元されねばならない、である。


 吾々の使命は、「製品の開発・製造・販売・サービス活動を通じて、世界の国ぐにの発展と繁栄に貢献すること。地球環境との共存や人びとの豊かなくらしを実現するために、努力すること」だと言う。

 松下幸之助氏は10代のころ、連絡船から夜の海へ転落し、運よく救助された。「私は並みのことでは死なない」と運の良さを実感した。

 以来、役員登用などの時は、「あの男は運がよいか」と必ず聞いたという。

 企業の持つ高い使命感が、企業経営の人知の及ばない所で、運が味方してくれるのであろうか。
 


 ドラッカーの『現代の経営』に、「 利益は社会に対する貢献度に応じて与えられるものである」がある。

 「経営者の条件」には、「成果を上げるには、自らの果たすべき貢献を考えねばならない。手元の仕事から顔をあげ、目標に目を向ける。組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。そして責任を中心に据える」とある。


  致知出版社、「人間力メルマガ」に以下の記事が載った。

 
 『建設用クレーンや高所作業車などの製造販売を行う株式会社タダノ、名誉顧問、多田野弘氏(94歳)は、 戦後の焼け跡から、父と弟と3人で多田野鉄工所(現・タダノ)を立ち上げ、 現在、従業員数3000人以上、 売上高1800億円を超える大企業へと発展させた。

社長時代、企業が伸び悩む苦難の時代に、たまたま書店で手に取った ドラッカーの『現代の経営』に、
「利益は社会に対する貢献度に応じて与えられるものである」、に巡り合い、目から鱗が落ちる思いがしたという。


 企業経営の目的を社会貢献とすれば、これは人として目指すべき生き方にも通じてくる──。


 これでいこう、これで経営に失敗しても悔いはない、と開眼し、 「創造・奉仕・協力」を社是に掲げて
会社の意識改革に取り組んできた』、と言う。


 以上、 致知出版社、「人間力メルマガ」-----2014年7月7日号より抜粋。

 
 多田野弘氏は先の戦争を体験されています。

 「生きて帰ることなど全く考えていなかった私は、 死に対する恐怖感が希薄でした。 戦後も、預かり物のこの命は いつお返ししてもよいという思いが常にありました。

 しかし、そうして自分を虚しくすることで、 逆に多くのことを得て、 私は経営の重責を全うすることができました」 「苦難こそ成長の道」より抜粋。

 戦後70年、一企業と経営者の弛まぬ歩みが、「創造・奉仕・協力」、という企業理念となり、人としての生き方や、地球環境にまで及ぶことが実証されたのではなかろうか。


 致知出版社  多田野弘さん関連、ホームページ

  Tadano Cafe  航海日誌

 http://www.tadano.co.jp/tadanocafe/logbook/

 http://www.tadano.co.jp/tadanocafe/logbook/volnew.html


  人間力.Com

 苦難こそ成長の道

 http://chichi-ningenryoku.com/?p=3140


  人生の大海原を、企業、人間、自然と真摯に向き合い生き抜く94歳、現役の多田野弘さん、王道の人生訓である。

 
自分をつくるのは自我心や理性ではなく、心の奥にある魂でしかない。「いのちの働き」である魂を師とせよ、それが自分をつくり変える原動力となり、大自然の進化と発展の意志に沿うことにもなる。これこそが人間の「不易流行」といえるのではないか。



 おまけ  

 菅元首相の大失策、欠陥まみれ買い取り制度 詐欺まがい 太陽光トラブル噴出
 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140725/trd14072511240014-n1.htm


参考図書

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)
仕事の哲学 (ドラッカー名言集)P・F・ドラッカー 上田 惇生

ダイヤモンド社 2003-08-01
売り上げランキング : 8502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ドラッカー名著集2 現代の経営[上]
ドラッカー名著集2 現代の経営[上]P.F.ドラッカー

ダイヤモンド社 2006-11-10
売り上げランキング : 42036


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ドラッカー名著集3 現代の経営[下]
ドラッカー名著集3 現代の経営[下]P.F.ドラッカー

ダイヤモンド社 2006-11-10
売り上げランキング : 64633


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




何故かジャズ されどジャズ 

モナリザの微笑み
モナリザの微笑みヨーロピアン・ジャズ・トリオ

ポニーキャニオン 2011-10-18
売り上げランキング : 206295


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








nice!(190)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰がこの国を守るのか [政治、経済]



  京都大学教授・佐伯啓思 誰が国を守るのか
 
戦後日本の民主主義と平和主義の組み合わせが、どうもうさん臭いのは、この平和主義がもっぱら憲法9条の武力放棄を意味しているからにほかならない。平和愛好、構築なら誰も批判もしないだろうが、問題はその方法なのである。憲法9条といういささか特異な形態における平和主義という「方法」が問題なのである。

 
こうしたいささか面倒なことを書いてきたのは集団的自衛権にかかわる論議において、この種の原則論がまったく確認されていないことに危惧をおぼえるからである。技術的・法的な手続き論も必要だが、本当に重要なのは「誰が国を守るのか」という原則論にこそあるのではなかろうか。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140721/plc14072103150003-n1.htm





 一国平和主義を捨て去る突破口 帝京大学教授・志方俊之
 
半島有事の際は、在日米軍の航空部隊と艦隊、および海兵隊は半島に投入できる。オーストラリア軍など他の国連軍部隊も日本経由で半島へ向かうことになる。  しかし、わが国はただの通過点ではない。国連軍が使う艦艇、航空機、軍用車両の造修能力が抜群で、情報収集能力、掃海能力、医療能力も持っているからだ。  自衛隊が直接、半島に出向くことはあり得ないが、有効な支援能力に加え、「周辺事態法」で法整備もできている。繰り返すが、半島での国連軍の作戦はわが国の支援なしに成り立たないのだ。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140703/plc14070303070003-n1.htm

 韓国、在日米軍出動で「日本の了解必要」に反発 日本には「韓国の承認と同意」要求…
 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140717/kor14071711040001-n1.htm



 解釈変更を「暴挙」と東京 感情論、見透かされる扇動
 
「この暴挙を超えて」(朝日)「9条破棄に等しい暴挙」(東京)  この中で朝日は「民主主義が、こうもあっさり踏みにじられるものか」と嘆き、東京は「憲政史上に汚点を残す暴挙だ」と決めつけた。ともに、行使容認には憲法改正が必要だとの立場を取っている。  だが、憲法9条に関する政府解釈は、国際情勢の変化に伴い変遷してきたのが事実だ。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140703/plc14070307560006-n1.htm


 朝日新聞の報道姿勢は、前記事でも投稿した『福島原発事故「命令違反退避」報道に見る悪意』のように、確信犯的に、巧妙に世論誘導をもくろむ底意があるように見える。


 理念守り、許される範囲の変更 集団的自衛権、竹内行夫元外務次官に問う
 引用記事全文 
 http://www.asahi.com/articles/DA3S11253881.html

 
 朝日新聞、このインタビュー記事の大筋は、

 『蔵前勝久氏 閣議決定は9条の枠超えたのでは?

 竹内行夫氏 理念守り許される範囲の変更

 
 蔵前勝久氏 米の要請で日本が参戦する危険は?

 竹内行夫氏 憲法覆されるなら断ればいい』

 最後の結論として、 

 「行使すれば、出口はない」というこの記事の蔵前勝久氏のコラムには、「新3要件にて、入口を狭くしたと主張しても、戦争を一度始めれば、出口を探すのは難しい。それが現実だ」、とある。

 であるが、何のことはない。 竹内行夫氏の発言要旨の否定である。失礼極まりない。

 これを言いたくて、蔵前勝久氏はこのインタビュー記事を書いたのであろうか。

 安倍首相は、湾岸、イラク、アフガンのような戦争には参加しないし、出来ない、と明言してる。

 明確なのは、自衛隊が交戦権を持たぬことである

 限定された交戦権は、自衛以外に行使できない。特に外国での武力行使は限定される筈である。

 自衛以外の戦争が出来るわけがない。出来ぬことを出来ると言うのは、明らかに悪意ある報道姿勢ではなかろうか。

 かって、政治評論家、故三宅久之氏とのやり取りで、「安倍の葬式はうちで出す」という朝日新聞,若宮論説主幹の暴言を思い出す。

 特定の政治家を叩き、貶めることが社是である新聞社とはどんな存在なのだろうか。

 集団的自衛権、朝日、大新聞ゆえの矜持と報道の公正性、中立性を以って、何よりも品格、節操ある報道を願いたい。

 報道の自由、公正、中立は守られねばならない。報道記事の是非の判断は、読者に任せられるべきものであろうか。


  「海の安全」守る精神を涵養せよ 東海大学教授・山田吉彦
 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140721/plc14072103180004-n1.htm


参考図書

こうして捏造された韓国「千年の恨み」
こうして捏造された韓国「千年の恨み」松木國俊

ワック 2014-07-11
売り上げランキング : 717


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考 (産経セレクト S 2)
ディス・イズ・コリア 韓国船沈没考 (産経セレクト S 2)室谷克実

産経新聞出版 2014-07-18
売り上げランキング : 79


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 


バグス・グルーヴ
バグス・グルーヴマイルス・デイビス

ビクターエンタテインメント 2004-09-22
売り上げランキング : 437021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools








nice!(182)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。