So-net無料ブログ作成
検索選択

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」 [社会]

 裏千家前家元・千玄室 人生とは何であるか
 「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。この分け目を知る事(こと)、肝要の花なり」。世阿弥(ぜあみ)(1363~1443年?)が記した『風姿花伝(ふうしかでん)』の一節である。能楽などに関心を持たない方には何のことだと思われるであろう。秘するすなわち秘密にすれば花となり、秘密にしないと花とはなるはずがない。それだけのことだが、芸道における修業の大切さを言っているのである。少年期の花は一時的な花という。稽古に励むことができても、本当の花ではない。学問の道においては基礎を学び、それを応用できるまでの課程の時期である。

 引用記事全文
 http://www.sankei.com/life/news/131222/lif1312220011-n1.html


 裏千家前家元・千玄室 「人生とは何であるか」と問いかける。

 しかし、サマセット・モームのシニカルな箴言は、「人生は思い煩うことなく無意味である」という。

 人生は、長いようで短い。時間はあっという間に過ぎ去る。人生の意味を問うより、大きな志を持って、
情熱的に生き抜くことだ。

 そのために人生の助走期間は、多くの学びが必要なのだ。
 
 ”Boys, be ambitious. ” この言葉は、いつの世にも、夢と勇気を与え続けて来たに違いない。

 人生は、限りない挑戦と、戦いの大戦(おおいくさ)だと覚悟することであろうか。


 「攻めだるま」と言われた池田高校の名監督、蔦 文也さんが、よく口にしていた言葉がある。

 「基本に忠実に練習する子は、いつかきっと、ぱっと花開く」と言っていた。

 「ワシはバントとかコツコツ当てていく野球は嫌いなんじゃ。野球に理屈はいらん。思い切り、のびのび打ったらええんじゃ」 

 まさに人生は理屈ではない。自分を越え、鍛えて世界を俯瞰せねばならない。

 世界の王、長嶋は、人知れず練習に励んだ。長嶋は、障子の前で素振りをし、バットスピードが障子を共振させるまで打ちこんだと言う。

 王は電気を消した暗い部屋で、毎日人知れず1000回を越える素振りをしたと聞く。

 人の真価は、人の見ていない所で、いかに努力をするか、いかに真剣か、にあると言う。

 曽野綾子氏の最新刊に、「人間の分際」がある。「誰でも人生の終盤は負け戦」だと言う。「老年ほど勇気を必要とする時は無い」ともいう。

 スポーツ、野球、囲碁、将棋等々の大勝負を闘い抜いてきた勝負師達は、「勝敗の分かれ道、負け戦の99%は自滅、に近い」と言う。

 とまれ、人生の勝者は、やはり自分に打ち勝つ勇気を持った者達ではなかったのか。


参考図書


人間の分際 (幻冬舎新書)
人間の分際 (幻冬舎新書)曽野 綾子

幻冬舎 2015-07-29
売り上げランキング : 7


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



勝負 (中公文庫)
勝負 (中公文庫)升田 幸三

中央公論新社 2002-09
売り上げランキング : 31038


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



<新装版>敵は我に在り 上巻 (ワニ文庫)
<新装版>敵は我に在り 上巻 (ワニ文庫)野村 克也

ベストセラーズ 2008-02-20
売り上げランキング : 481813


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 
 
スタディ・イン・ブラウン
スタディ・イン・ブラウンクリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテット

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント 1997-10-08
売り上げランキング : 266035


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







nice!(177)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 177

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。