So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

反日韓国、不毛の異様さ! [政治、経済]

誤解・思い込み…特異な韓国 ソウル・黒田勝弘
韓国政府が日本との国交正常化(1965年)の際に、過去の支配に対する補償として受け取った対日請求権資金5億ドルだって、韓国の経済発展の基礎になったことは韓国政府発行の『請求権資金白書』(76年刊)に詳述されている

引用記事全文
http://www.sankei.com/column/news/150516/clm1505160006-n1.html


慰安婦問題…日本非難を触れ回る韓国に米国でも“うんざり感”
韓国の新聞がワシントン発で伝えていたが、日本との首脳会談を拒否し関係悪化を続ける韓国に対し米当局者や研究者たちの間で「いい加減にしろ」という気分が広がっていて、それが「コリア・ファティーグ(韓国疲れ)」といわれているのだそうだ。  慰安婦問題を押し立て、日本に謝罪させようと米国で官民挙げて日本非難を触れ回っている韓国に、米国でも舞台裏では“うんざり感”が出ているというわけだ。

引用記事全文
http://www.sankei.com/world/news/150524/wor1505240012-n1.html


 反日韓国の異様さに、世界は気付き始めた。韓国は反日を取り下げれば、経済も国も衰退すると考えている。

 靖国参拝、慰安婦問題はどうでもよく、、日本憎し、日本の世界遺産登録にまで、いちゃもんをつける。

 1965年の韓国との国交正常化時の補償も謝罪も無視し、歴史認識で過去を謝罪させようと躍起である。

 法治国家、民主主義国家であるよりも、日本憎し、国民感情が優先する。


 自国の将来より、日本にいちゃもんをつけることが最優先らしい。日本も米国も、この執拗さに付き合うのは相当くたびれ始めている。

 鹿児島県美山に、薩摩焼の名窯、第14代、15代の沈寿官率いる寿官陶苑がある。この名窯の中に、日韓友好の塔がある。

 第14代沈寿官さんは、日中友好の親善大使を務める。

 沈氏は定期的に韓国に渡り、二十一世紀を見据え、韓国の若き陶工達を指導する。

 「韓国の若者たちが日本の統治時代を言うならば、私は、私の400年を言わねばならない。大切なのは明日を見据えて共に歩むことだ」、と諭す。

 残念ながら、今、沈氏が諭す友好の輪は閉ざされたままである。一方的に閉ざされた、日韓友好を切り開く手立てはないものだろうか。


参考図書


反日をやめたら成り立たない国・韓国 (WAC BUNKO 220)
反日をやめたら成り立たない国・韓国 (WAC BUNKO 220)呉善花 石平

ワック 2015-05-18
売り上げランキング : 714


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実
ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実水間 政憲

PHP研究所 2013-02-01
売り上げランキング : 43222


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




韓国がタブーにする日韓併合の真実
韓国がタブーにする日韓併合の真実崔基鎬

ビジネス社 2013-12-21
売り上げランキング : 108389


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



“普通の国"だと思ったら大間違い!  呆韓論

呆韓論 (産経セレクト S 1)
呆韓論 (産経セレクト S 1)室谷克実

産経新聞出版 2013-12-05
売り上げランキング : 15


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




故郷忘じがたく候 (文春文庫)
故郷忘じがたく候 (文春文庫)司馬 遼太郎

文藝春秋 2004-10
売り上げランキング : 15003


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

バイ・バイ・ブラックバード
バイ・バイ・ブラックバードキース・ジャレット キース・ジャレット・トリオ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2011-06-21
売り上げランキング : 187420


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







nice!(166)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -