So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

テロ戦争、イスラム国の脅威 [国際]




  「イスラム国」空爆の背景 明治大特任教授・山内昌之
 
しかも、ISには欧米を含めた世界中からテロ戦士が参入している。ロシアのチェチェンやダゲスタンからも多くの若者がはせ参じた。折からアルジェリアでは、IS空爆に抗議してフランス人を拉致殺害する事件も生じた。この動きを看過すれば、ロシアや米国につながる広域的テロ・ネットワークがつくられ、本国にもテロが拡散するのは火を見るより明らかだろう。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140929/mds14092907300001-n1.htm





 「文明の敵」との戦い、彼我の落差 杏林大学名誉教授・田久保忠衛
 
大仰な言い方をする、と笑われるかもしれないが、旧来の国際政治の常識では理解できない異常な事態が進行している。民主主義、法治国家、人権尊重などを共通の価値観とした文明社会に国際テロ集団が匕首(あいくち)を突きつけている。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140929/plc14092905030003-n1.htm


 イスラム国とその残虐なテロ行為により、世界の様相は一変した。

 今、日本が進める、集団的自衛権容認と積極的平和主義は、戦争の抑止力より、テロや戦争に巻き込まれる危険性の方が高まってきているように見える。

 安倍政権は、憲法解釈変更も集団的自衛権容認も、抑止力強化のためだと言う。はたしてそうなのだろうか。 国民の冷静な見極めが必要かもしれない。

 この国会論戦は、陰惨なテロ集団、イスラム国が世界の表舞台に踊り出る前の段階の議論である。人質を無差別に処刑するテロ集団に対抗するためには、通常の常識、価値判断は通用しない。

 過去の議論は全てご破算にし、憲法解釈変更の原点の戻り、議論を再検証させる必要もあるのではなかろうか。

 確かに世界との協調に於いて、「一国平和主義」はみすぼらしい。集団的自衛権容認の下では、若者たちが世界の紛争地帯へ狩り出され、命を落としたり、日本がテロの標的にされる危険性も大きい。

 世界情勢を読み違えてはならない。しかし、一国平和主義にとどまることは、世界からの孤立化に追い込まれるであろう。

 戦前の国際社会からの孤立化から、戦争への道へ突き進んだ歴史があった。このまま、世界との協調に背を向ければ、日本が孤立化へ追いやられる危険性があるかもしれない。


 ならば、どうするのか。憲法9条を隠れ蓑に、犠牲を伴わぬ勇気を言ってみても、国際舞台では通用しない。

 国会では、集団的自衛権にまつわる国を守る気概、戦争への抑止力等々に関する熱い論戦を身体を張って一から戦わせて欲しい。

 日本が世界に貢献できることは何か。憲法を変えないと何もできないのか。

 日本の平和への責任を、読み違えないでほしい。今、集団的自衛権を容認することが急務なのだろうか。

 集団的自衛権の先にあるものは、イラク戦争や、今回のシリア空爆等による、米国主導の「有志連合」である。テロ撲滅のためとはいえ、バックグラウンドででも、ここに加担する、或いは巻き込まれることは避けねばならない。

 テロや紛争の世界情勢の流れを冷静に読み解き、平和の原点に立ち帰り、戦争やテロに巻き込まれぬ賢い選択が出来ないものだろうか。


参考図書

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 9/9号 [進撃のテロ組織]
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 9/9号 [進撃のテロ組織]阪急コミュニケーションズ

阪急コミュニケーションズ 2014-09-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)
国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)古賀 茂明

KADOKAWA / 角川書店 2014-09-10
売り上げランキング : 789


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ 

Saturday Morning
Saturday MorningAhmad Jamal

Jazz Village 2013-07-23
売り上げランキング : 11678


Amazonで詳しく見る
by G-Tools







nice!(151)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | -